TOPページ > 会社概要 > ニュースリリース
生命保険コンサルティング事業の株式会社ETERNAL

2016.04.16

熊本地震で被害に遭われた方々へ
~ 少しでも不安を軽減するために私たちができること ~

 来店型総合保険代理店「保険テラス」を運営する、株式会社ETERNAL(本社:神戸市 代表:髙津嘉邦)では、この度の「熊本地震」により、現地で助けを必要としている方々の声を受け、“今”必要なものを“できるだけ早く”お届けするため、物資を直接輸送することを決定いたしました。

 現在、自治体によっては個人での支援物資の一部受付制限、または物流業者の配送一時停止などにより、被害に遭った地域に必要物資が届かないという状態です。しかし、被害にあった地域で過ごす方々の中には、緊急で物資の支援を必要とする声もたくさん挙がっています。とくに、おむつや粉ミルクなどの乳児用品、女性用の生理用品やトイレットペーパーなどの消耗品が不足しているようです。
 そこで今回、当社では【赤ちゃん用の紙おむつ】・【粉ミルク】・【哺乳瓶】を、被災に遭った地域まで届けることにいたしました。

 現地では今なお余震が続き、不安な状態が続いています。ただでさえストレスがかかる中、小さなお子さまをお持ちのお母さんにとって、子どものおむつが足りないなどの状況は、かなりの心の負担になります。ストレスがかかることで母乳が出なくなるなどの悪循環も想定でき、現地の赤ちゃんたちの命の危険に直結します。

 保険は、お客さまの人生や命に大きく関わる大事なもの。私たちは保険テラスを通して、これまで多くのお客さまの未来に向き合い、お客さまのためにできることは何か?を真摯に考え、ご対応をしてきました。“お客さまの未来に何かあったとき、いつでもすぐにサポートをする。”それは、私たちがお客さまにお約束していることのひとつです。
 そんな私たちだからこそ、少しでもお母さんの負担を軽減し、赤ちゃんの命を守るため、今回は乳児用品に限定し、現地にいる方々へお届けしたいと考えました。

 さらに、全国で展開している保険テラスの店舗にご来店されるお客さまや、当社社員への呼びかけ運動を実施し、不足している物資を集め、現地の状況を都度確認しながら、随時被害にあわれた方々のもとへお届けしていく予定です。ご協力いただける皆さまの想いを、私たちが被害に遭われた地域まで、直接お届けいたします。

2011年 東日本大震災 炊き出し支援の様子

 2011年に起きた東日本大震災時には、当社の新卒社員を中心に炊き出しを行い、現地に赴くことで被害に遭われた方々の苦労を目の当たりにしました。あれから5年がたった今、同じように熊本で不安な生活を強いられている方々に対して、何か一つでも、小さなことでも、できることがあるはずです。

 社員一同、一丸となり支援活動を行ってまいります。皆さま、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

以上
支援物資の送り先について
社名 株式会社ETERNAL(震災物資支援 担当者宛て)
住所 〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通3-2-17 ワールド三宮ビル9F
応募期間 ~2016年4月30日(土)
応募支援物資 赤ちゃん用の紙おむつ ・ 哺乳瓶 ・ 粉ミルク

※可能であれば新品のものをお送りください。
開封済みのものは、状態により届けることができない場合がありますので、ご了承ください。

株式会社ETERNAL 広報部 高山(タカヤマ)
TEL:078-241-4201 e-mail:info@e-fca.jp