TOPページ > 会社概要 > ニュースリリース
生命保険コンサルティング事業の株式会社ETERNAL

2014.02.01

株式会社ETERNALが日本レスリング協会とスポンサー契約を締結

保険の新しい価値を提供する来店型保険ショップ「保険テラス」を運営する、株式会社ETERNAL(神戸市中央区 / 代表取締役:髙津嘉邦)は、前人未到の世界大会13連覇を成し遂げ国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手をはじめ、数々のオリンピックメダル選手を生み出してきた、公益財団法人日本レスリング協会と、スポンサー契約を締結致しました。今後、2020年東京オリンピック開催にむけて、メダル獲得を目指して努力を続けるレスリング選手を、長期的に支援していきます。

当社は、創業以来「自分らしい人生を彩るために、未来の自分と対話する機会を提供する」という企業理念のもと、豊富な経験と知識、多くのデータを扱い、正しい情報をお客様にお伝えすることを徹底してまいりました。そしてこの度、創業10年目に突入する2014年を迎えるにあたり、改めて、当社の掲げる経営理念を具現化し、お客様を明るい未来に導く企業へさらなる発展を目指すことを決意し、公益財団法人日本レスリング協会への協賛を決定致しました。

日本レスリングは、オリンピックでは柔道、体操に続きメダル獲得数は28個にものぼり、戦後日本がオリンピックに復帰した1952年ヘルシンキ大会以降、一度も欠かさずメダルを獲得し続けるという快挙を成し遂げてきました。決して派手さのあるスポーツではありませんが、長きに渡り世界の桧舞台で粛々と結果を出し続け、 “着実に”日本人の期待に応え、「夢」「希望」「元気」を届けてくれたレスリング選手たちの姿が、お客様の人生を扱う金融のプロとして、真摯にお客さま一人ひとりと向き合い続けてきた保険テラスの姿勢と、合致すると考えました。

2020年東京オリンピック開催が決定し、メダル獲得にむけてさらに期待がかかる日本レスリング。今後、同協会の支援を通して、改めて「未来を彩る」というコンセプトを軸に、お客様に長きにわたり愛される企業を目指します。また、創業10年目にあたる2014年、当社はさらなる躍進により日本を元気にする企業の一員になるべく、日本中に「夢」「希望」「元気」を与えてくれる日本レスリング選手たちの“これから”を、応援してまいります。

以上

◆日本レスリングについて◆
古代より続く伝統的なスポーツであるレスリングが、日本に初めて輸入されたのは1929年、早稲田大学柔道部が米国へ遠征した際のメンバーの1人八田一郎が普及し始めたことが発端。
戦後初参加した1952年のヘルシンキ大会以後、東京大会の金メダル5個を最高に、1988年ソウル大会までに20個もの金メダルを獲得。女子競技にも早くから取り組み、オリンピック初の実施となった2004年アテネ大会では、吉田沙保里選手と伊調馨選手が金メダル、伊調千春選手が銀メダル、浜口京子選手が銅メダルと、女子の全階級でメダルを獲得する快挙を成しとげるなど、日本勢は、世界でもトップクラスの実力を誇る。中でも、55キロ級の吉田沙保里選手は2012年カナダで行われた世界選手権を制し、前人未到の世界大会13連覇を達成した功績をたたえられ、その年の11月に国民栄誉賞を贈られた。
2020年の東京五輪の実施競技を決めるJOC会議では除外候補のひとつとして、その存続が危ぶまれたが、無事最後の一枠に残り、2020年東京オリンピックでも、活躍が期待される。

【会社概要】
社名  :株式会社ETERNAL
代表者 :代表取締役 髙津 嘉邦
創業  :2005年
所在地 :兵庫県神戸市中央区磯辺通3-2-17 ワールド三宮ビル9F
資本金 :1500万円
従業員数:170名
事業内容:生保・損保会社の30社以上を取り扱う来店型の総合保険代理店『保険テラス』を運営。
現在近畿エリアに21 店舗、東海エリアに6 店舗、関東エリアに7 店舗、中国エリアに5 店舗、合わせて39 店舗において事業を展開。

株式会社ETERNAL 広報部 責任者 好村 俊一(ヨシムラ シュンイチ)
TEL:078-241-4201 e-mail:info@e-fca.jp

PDF形式のファイルをご覧になるためには  Adobe Reader  が必要です。