TOPページ > 会社概要 > ニュースリリース
生命保険コンサルティング事業の株式会社ETERNAL

2010.10.01

第6回ピンクリボンデザイン大賞で入賞!!
-お客様の『生きる』を『彩る』保険を提供する総合保険代理事業ETERNAL

来店型ショップ『保険テラス』を運営する株式会社ETERNAL(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長: 高津 嘉邦)は、ピンクリボン活動に賛同し、日本対がん協会などが主催する『ピンクリボンフェスティバル』の一環として実施された、第6回ピンクリボンデザイン大賞のノベルティ部門にて、弊社社員が入賞、入選いたしましたので、ご報告させていただきます。

『ピンクリボンフェスティバル』は、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを発信しています。 その中でも、乳がんに関する正しい情報を伝え、世間の乳がんに対する考え方を変えるべくして 実施されている『ピンクリボンデザイン大賞』に応募することは、株式会社ETERNALのミッションを 果たすためにも 大切な活動であり、全社員で応募させていただく機会を持つことができたことは、 我々としても望外の喜びでございます。

今回は、大変光栄なことに、応募させていただいた作品に対して賞をいただくことができました。 この賞を受賞したことを通して、我々の想いが形となり、少しでも皆様が豊かな生活を送ることに 貢献出来ればと切に願っております。
また、今後もこのような、我々、株式会社ETERNALのミッションに基づき、 お客様の人生を豊かにすることに寄与することができると考えられる活動に対して、 全社一丸となって、積極的に取り組んで参りたいと思います。 そして、世の中にはまだないメッセージを通して、弊社の考え方をより多くの方に対して伝達していくと共に、その活動を通した社員のスキルアップを図ることで、更にお客様に必要とされる、 お客様の人生を豊かなものにしていくことができる存在となるよう、精進して参ります。

以上

◆『ピンクリボン』とは◆
『ピンクリボン』とは、乳がんの早期発見、診断、治療を訴えるシンボルマークです。 現在、日本人女性の乳がんの発症率は16人に1人とされており、乳がんに対する関心は年々高まって きています。乳がんは、早期に発見すれば治癒率の非常に高いがんですが、乳がんによる死亡者数は 増加傾向を辿っています。その理由の一つとして、乳がんを他人事であると考えている人が多いということが 挙げられています。その現状を変えるべく、日本対がん協会が取り組んでいる活動が、 『ピンクリボンフェスティバル』であり、その一環として実施されている『ピンクリボンデザイン大賞』 (ピンクリボンフェスティバル運営委員会主催)です。 今年で第6回目の実施となり、ポスター部門、東京都コピー部門、ノベルティ部門(ミニトートバッグ)の3部門で作品を募集、3部門で総数14,442点の応募がありました。

【会社概要】
社名  :株式会社ETERNAL
代表者 :代表取締役 髙津 嘉邦
創業  :2005年
所在地 :兵庫県神戸市中央区磯辺通3-2-17 ワールド三宮ビル9F
資本金 :1500万円
従業員数:100名
事業内容:生保・損保会社の30社以上を取り扱う来店型の総合保険代理店『保険テラス』を運営。
現在、本社を含め兵庫圏内に5店舗、東京、名古屋に1店舗の直営店舗を構え、FC店舗併せて、全19店舗で事業を展開。

株式会社ETERNAL 広報部 責任者 好村 俊一(ヨシムラ シュンイチ)
TEL:078-241-4201 e-mail:info@e-fca.jp