TOPページ > 経営理念 > “わくわく どきどきしよう”に込められた想い

“わくわく どきどきしよう”に込められた想い

期待以上の価値を届ける。

■私たちを“前進”させるモチベーション

皆さんは、“わくわく どきどき”という言葉から、どのようなことを連想するでしょうか。
「楽しい」「嬉しい」「期待」…
いろいろな言葉や情景が、想像できると思います。
私たちが大事にしている“わくわく どきどき”は、決して単純な「楽しさ」を示すものではありません。
それはたとえば、大事な会議のプレゼンを任された時に感じる不安と期待が入り混じったどきどき感。時には意見をぶつけ合いながら、仲間とともに大きなプロジェクトを進めている瞬間。どうすればお客様が心から納得して喜んでくれるプランになるのか、一生懸命考えている瞬間。
それらに一つ共通していること。
それは、その瞬間人はいつでも“前向きな気持ち”でいるということ。そして、その気持ちはいつでも、未来に向いているということです。
常に人を“前進”させるモチベーション。それが、わたしたちが示す“わくわく どきどき”です。

■ETERNALの存在意義

気持ちが未来に向いて前進しているとき、物事はうまく進みます。
自分自身にも自信がもて、周りの人に良い影響を与えます。その結果、想像していた以上の良い出来事が起こってくる。“期待以上の価値”が生まれるのです。
ETERNALでは、働くうえでこの“わくわく どきどき”する気持ちをもっとも大事にしています。
社員一人ひとりが“わくわく どきどき”しながら働くことで、関わるすべての人に“期待以上の価値”を届け、未来を幸せにすること。そして、より多くの人に“期待以上の価値”を届けるためにわくわくどきどきしながら働く社員を一人でも多く輩出すること。
それこそが私たちの存在意義であり、私たちの最大の使命です。