TOPページ > 経営理念 > ETERNALの“わくわく どきどき”の定義

ETERNALの“わくわく どきどき”の定義

ETERNALが大事にする5つの価値基準
「わくわく どきどき」という言葉は抽象的で、見る人、聞く人によって解釈の仕方が無限にある言葉です。
ETERNALとしての「わくわく どきどき」を定義化することで、私たちが何にわくわくどきどきを感じ、それゆえにどう行動すべきなのか、共通の価値基準をもつことが大事です。
ETERNALでは、「わくわく どきどき」を下記の5つの価値基準として定義しています。
この5つは、ETERNAL社員が仕事をするうえで備えておくべき、もっとも基本的な価値基準であり、各業務を行う中での判断軸となるものです。
わくわく どきどきの定義

お客さまの未来

【Truthful-誠実-】

「心から向き合うことで、希望あふれる人生を歩んでもらうこと」

心から向き合うということは、ウソやごまかしのない、限りなく本質の部分でぶつかるということ。その誠実さがお客さまの心を動かし、将来の自分と向き合っていただくきっかけになると信じています。誠実さは、お客さまを希望あふれる人生に導き、末永い信頼関係でつながる未来へと、私たちをつないでくれます。

自分の未来

【Individuality‐個性‐】

「なりたい姿を思い描き、自分の可能性を信じ、挑戦すること」

私たちは、決して限界を自分で決めたりしません。きっとできる、きっと変われるという気持ちを持ち、自分の心にまっすぐに、諦めずに挑戦し続けることで、自分だけの価値(=個性)が見つかると信じています。個性は、自分だけしか成し遂げられないオンリーワンの未来へと、私たちをつないでくれます。

仕事の未来

【Growth‐成長‐】

「プレッシャーを味方につけ、一歩踏み出してみること」

ふりかかる大きなプレッシャーは、ピンチではなくチャンス。私たちは、そこから生まれる緊張感を大事にしています。プレッシャーと向き合い、やりきるという覚悟と決断をして一歩を踏み出す勇気が、成長につながると信じています。成長は、自信を持ってイキイキと輝く未来へと、私たちをつないでくれます。

仲間との未来

【Faith‐信頼‐】

「たくさんの個性を力に変えて、夢を実現すること」

夢は、決して一人では叶えられません。たくさんの人の想いが集まり、一人ではできないことを補い合って実現していくもの。一人ひとりの個性を武器に、強固な信頼で結ばれた仲間が集まったとき、最大限のパワーを発揮すると信じています。信頼は、共に喜びをわかちあえる未来へと、私たちをつないでくれます。

すべての人へ

【Love‐愛情‐】

「相手のことを思い、こうしてあげたいと考え行動すること」

大切にしたい誰かが傍にいること。その人のために自分が何かできること。その人を笑顔にできること。それが、私たちの原動力です。だからこそ、「どうすれば喜んでくれるだろう」という思考を、私たちは何よりも大切にしています。
愛情を持って接することは、互いに思いやり笑顔あふれる未来へと、私たちをつないでくれます。