生命保険コンサルティング事業の株式会社ETERNAL
お客さまが本当に必要になるその時に、お客さまの一番身近な存在でありたい
私たちはこの想いを胸に、来店型保険代理店「保険テラス」を展開しています。現在加入している保険を見直したい、新たに保険加入を検討したい、そもそも保険のしくみから教えてほしい。その他、どのような内容のご相談でも、お客さまに合わせてご説明させていただきます。
いつでも気軽に来店できる、行きつけのカフェのような空間
 運営当初から掲げる一貫したブランドコンセプトは、「いつでも気軽に来店できる、行きつけのカフェのような空間」。
一般的に「安さ」や「保障の手厚さ」などで比較検討されがちな保険という商品ですが、私たちは、もっとさまざまな視点で保険と向き合うことが大切だと考えています。人生で2番目に高い買い物とされる保険だからこそ、一人ひとりのお客さまと末永いつながりをもてるような関係づくりと、お客さまの生活スタイルの一部となれるような存在を目指しています。
  • 当社では保険を考える前にまず、お客さまの今後の人生について一緒に考えてくことを大切にしています。

    この30 年間で、高齢化・少子化・シングル化、離婚や一人親家族の増加など、家族にまつわる状況など、日本人のライフスタイルは大きく変化し多様化しています。そのため、私たちはもっとさまざまな視点から自分のこれからの人生を考えなくてはなりません。

    今の時代、ただ単純に「保障がいくら必要か」ということだけでは片づけられません。例えば生きて老後を迎えた場合のほうが、もしかしたらお金が必要になることも考えられるのです。これからは人生を長い目でみて、その中で保険のもつ役割や価値を見つけていかなければなりません。
    そのため、保険テラスでは保険商品のご提案から始めるのではなく、綿密なライフプランイングを行います。年金問題など行先不透明な現代において、一般的な保険のイメージである「万が一」だけに焦点をあてるのではなく、「生きて老後を迎えた場合」のリスクにも焦点をあて、資産形成という観点からアドバイスを行い、無駄のない保険の提案を行っています。
  • 【サービスの流れ】

    お客さまがご予約されてからご契約後のアフターフォローまで、すべて一貫して保険テラスが行っています。すべてのフローで、料金は一切かかりません。30社以上の保険会社の商品の中から、お客さまにピッタリの保険をご提案します。

  • 【アフターフォロー】

    当社では、保険を選択する「加入前」だけではなく、保険金給付が必要になる「加入後」のフォローが重要だと考えています。そのため、お客さまの生活に長く深く関われる、ショッピングモールへの店舗展開のほか、何年先、何十年先と継続的な繋がりを持てるよう、既契約者の方向けのイベント開催や、HPでの情報提供、また情報誌の発行などにも力を入れています。


  • 【スタッフの教育体制】


    保険はただ「万が一の保障」ではなく、お客さまにとって今後の人生に深く関わる重要な買い物です。そう考えた時、私たちは保険を売る立場として、保険の知識だけではなく、世界経済のことや金融業界・政治など、あらゆる方面の知識をもち、ご相談に来られるお客さまを適正な方向に導いていく義務がある、と考えています。

    そのため、保険テラスではスタッフのスキルUPのための研修やファイナンシャル・プランナーの資格取得に力を注いでおり、スタッフのなかにはMDRT(※)会員も数名在籍するなど、お客さまの頼れるライフパートナーを目指しています。

    (※)MDRTとは、世界82の国と地域、31,857名(2009年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織で、そのメンバーは、世界中の生命保険・金融サービス専門職の毎年トップクラスのメンバーで構成されています。
  • 【お客さまのパートナー目指して】

    特定の保険会社、特定の保険商品だけでは、お客さまの一番はわかりません。そもそも、保険が必要ない場合だってあるかもしれません。お客さまには、お客さまの不安や疑問を解決できる場所として保険テラスを利用していただきたいと考えています。ですので、私たちは、決してお客さまに商品を押し売りすることはありません。 選ばれるのはお客さまご自身です。私たちは専門家として、そのお手伝いをさせていただきます。
  • 「保険の担当者は、入るまでは熱心に連絡をしてくれたのに、いざ入ってからは何の連絡もない。」
    「知らないうちに担当者が変わっていた。気が付いたら、いろんなところでいろんな保険に入っていた。」

    このようなお話を、お客さまから多く伺いました。
    『万が一何かあった時のために』と入った保険。しかし、いざ何か起こったときに、給付金をしっかり受け取れる人はどのくらいいるのでしょうか。そして、その時、頼れる人はそばにいるのでしょうか。

    信頼できる担当者が、一生涯そのお客さまのサポートをする。何か困ったことがあったらすぐに連絡ができる。綿密なライフプランニングを一緒に作り上げ、状況が変わったらその都度メンテナンスしてくれる。
    それが、お客さまと保険担当者の本来のあるべき関係だと私たちは考えました。
    そのために、

    担当者に求められるのは、いつでも気軽に相談できる存在であること。何年経っても、何十年経っても、変わらずに身近で頼れる存在であること。

    『いざ何かあったときに、頼れる存在に。』
    『なんでも気軽に話せる存在に。』
    『いつまでもずっと変わらない存在に。』

    そんな想いのもと、保険テラスは誕生しました。
    • 【店舗展開と店舗デザイン】
      お客さまの生活圏内である、ショッピングモールへの出店にこだわった店舗展開は、当社の大きな特徴の一つです。いつでもすぐに相談できる場所にあることで、お客さまの不安や疑問に対して、すぐに、そして継続的に対応することが出来ます。また、「敷居の高さ」を感じさせないオープンで開放的な店舗づくりと、緑と茶色を基調とした、落ち着いた配色のデザインにより、“気軽”に立ち寄れる店舗として活用いただいています。
    • 【お客様のライフプランにあった保障内容をご提案】
      保険テラス最大の特徴は、保険会社との資本関係が一切ない独立系のショップ、ということ。そのため、ある特定の保険会社の商品を優先的に販売するということはありません。
      それはつまり、保険会社の売りたい商品に流されずに、100%お客さま主体で保険のご提案が出来るということです。
      保険の販売側本位の「流行りの商品」は、時代によって移り変わります。そして、その保険会社と資本関係にある代理店もまた、保険会社の意向で提案商品を変えることが、保険業界の現状でした。
      そんな中私たちは、開店当初から“独立資本”という姿勢を貫いてきました。それは、本当にお客さまに合った保険をご提案するため。
      そのため保険テラスでは、誰からも、どこからもコントロールされない、保険テラス独自の保険提案をお客さまに行うことができます。
      このスタンスを私たちは、「保険のセカンドオピニオン」と呼んでいます。
    • 【保険テラスの保険の考え方】
      当社では保険を考える前にまず、お客さまの今後の人生について一緒に考えてくことを大切にしています。
      この30 年間で、高齢化・少子化・シングル化、離婚や一人親家族の増加など、家族にまつわる状況など、日本人のライフスタイルは大きく変化し多様化しています。そのため、私たちはもっとさまざまな視点から自分のこれからの人生を考えなくてはなりません。
      今の時代、ただ単純に「保障がいくら必要か」ということだけでは片づけられません。例えば生きて老後を迎えた場合のほうが、もしかしたらお金が必要になることも考えられるのです。これからは人生を長い目でみて、その中で保険のもつ役割や価値を見つけていかなければなりません。
      そのため、保険テラスでは保険商品のご提案から始めるのではなく、綿密なライフプランイングを行います。年金問題など行先不透明な現代において、一般的な保険のイメージである「万が一」だけに焦点をあてるのではなく、「生きて老後を迎えた場合」のリスクにも焦点をあて、資産形成という観点からアドバイスを行い、無駄のない保険の提案を行っています。